カードローン在籍確認

カードローン審査で在籍確認なしにする方法!

カードローンの審査で在籍確認なしにさせる方法を公開します!

カードローン審査で在籍確認なしにする方法! » アーカイブ

年収3分の1のカードローンの借入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

カードローンには、賃金業法により、総量規制があるのです。これは、借入金額を制限するものなのですが、個人向け貸付において、年収の3分の1以上は融資できないようなのです。

だから、安定した収入があったとしても、収入が少なかったら、あまり借入できないと言えます。

そしてこれは、賃金業専門で営業している企業のみに適応される法律なので、カードローンも取り扱っているけれども、他の業務もしている企業は適応にならないものなのです。

だから、銀行系カードローン、流通系カードローンなどは適応外となります。適応されるのは、消費者金融業や、信販系カードローンになります。

この適応があるから、収入が無い人は、貸し出しできないとまでの規制にもなる為、消費者金融や、信販では、学生や、専業主婦の融資は出来ないとなるのです。適応外の銀行や、流通のカードローンでは、専業主婦も学生も、借入可能となるのです。

規制がある消費者金融業や、信販系のカードローンで、たくさんの収入がある、無いに関わらず、年収の3分の1までの制限しか借りれないという事なのです。

そして個人向け貸付のみのものなので、個人向け保証や、法人向け貸付や、法人向け保証などは、規制されません。

何社か借りるより1社のカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

企業は自転車操業のところもあり、労働者は短期間の仕事になったりと、それぞれの収入が減りつつあるこの不景気な世の中で、今までとは違う生活になっていると思います。

節約やエコなどで、お金を使わないように切り詰めていても、全く足りない状態が毎月続くと思います。

そんな時には、カードローン借入で、その場しのぎのように、不足なお金を埋める事でしょう。

カードローンは、1社で借入するときに、利用限度額と言うのを設定されます。この金額までは融資しますっと言う、借入出来る限度の額があります。

この利用限度額にいっぱいいっぱいまで借入したのなら、次の金融業に行って契約して、また借りて、利用限度額までいっぱいになったのなら、また次の金融業に行って契約して借りるっといったように、何社も借りる人がいます。

これが多重債務と呼ばれるもので、あっちこっちの金融業から借りている状態です。そうすると、あっちに返済こっちに返済っと言った具合に、返済ばかりする生活になっているので
、お金が余計に足りなくなってまた、別のところで借りようかっとなるのです。

このように何社も借りるのは可能ですが、何社も借りていると、それぞれの借入先が違う為、それぞれの利息が高くつくのです。

それで今は、利息の安い所へ1箇所に集めて借り換えしてしまう、おまとめローンと言うのが出ているのです。

まとめて借り換えすると、何社かで払う利息よりも、1社で払う利息の方がだいぶん減るのです。

それでお得な感じがするのですが、これは何社も借りずに、元々の1番初めに借入したところへ、借入増額の願いを相談すれば良いのです。

そうすれば、何社も連鎖的に契約して借りずに済むのです。初めの契約したところで、利用限度額の金額を引き上げて貰うように言うて見ると良いのです。

長く借入して約束通りに規定の日にちに返済を守っていれば、信用を得ているので、借入金額を増やして貰うのは可能なのです。

だから多重債務になる前に、1社に増額する事が良いと思います。何社か借りるよりは1社の方が断然利息がお得なのです。

カードローン優良顧客で限度額アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

お金が必要になったとして、申込をして審査をしますが、その時に、自分の収入や、返済能力なども査定されて、初めての借入なら、収入が少ない人なら30万くらいで、収入が多い人なら50万くらいは普通に貸して貰えます。

30万円と言う提示は、利用限度額の金額で、30万までなら何度でも貸してくれるのです。10万だけ借りても良いのですが、30万円までなら、勝手に引き出して借りれるという金額です。

しかし、急ぎでまとまったお金が必要ならば、もっともっと貸して欲しい、もっと利用限度額を上げて欲しいと思っているのなら、別のカードローン会社に当たってみて審査をして貰うと良いとは思います。

でも、もっと貸して欲しい日にちが、もう少し先でも良いのなら、まずは30万円の利用限度額で30万借りていたとして、毎月きちんと返済日と返済金額も守って払っていたのなら、数ヶ月で連絡が入って、利用限度額をあと20万円プラスするのは可能ですっと言われるのです。

これは、ちゃんと約束を守って返済をしていたので信用が付いて、優良顧客と企業側から見られるのです。それで今後もちゃんと返済を守ってくれそうだから利用限度額をアップしても良いよっと言う事になるです。

だから融資額をもっと上げてほしいっと思っているのなら、少し待ってみると自動的に上がってくるようなのです。

初めての借入で、信頼も何も無い状態なので、利用限度額を本来よりも低く見て言うのでしょう。それで返済も守って大丈夫そうだと、理解できたので、融資をもっとしても良いと認定をうけるのでしょう。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ