カードローン在籍確認

カードローン審査で在籍確認なしにする方法!

カードローンの審査で在籍確認なしにさせる方法を公開します!

カードローン審査で在籍確認なしにする方法! » アーカイブ

カードローンの在籍確認で派遣社員の連絡先はどうするべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

派遣社員の在籍確認は必ず「派遣元」の連絡先を書くこと!

カードローンの審査に申し込む場合、通常は勤務先を申告します。そして勤務先への電話によって在籍確認が行われます。正社員や契約社員の場合はそれでいいのですが、派遣社員の場合は少し異なります。

派遣社員の場合は派遣先の連絡先を申告するのではなく、派遣元を申告するようにしてください。結果として、自分では電話対応できなくなるのですが、それでも派遣先を転々としていて在籍期間が短いよりは、派遣元の在籍期間が長いほうを申告したほうが良いです。

カードローンの審査では、勤務先を申告するのには2つの目的があります。一つは勤続年数の長さを確認すること、そして二つ目は在籍確認のためです。

勤続年数の長さというのは審査上とても重要です。継続的に安定した収入が得られているかどうかは、雇用形態と勤続年数によって判断されます。

派遣社員の場合、一定の期間を置いて派遣先が変わると思いますので、派遣先よりも派遣元を伝えておく方が審査上有利なのです。  

派遣社員だとカードローン審査は厳しいのは本当か?

カードローンの審査に職業は関係あるのでしょうか?審査には大きく影響するのが事実です。特に銀行系カードローンの場合は、職業は属性の大きな部分を占めますので、影響大です。正規雇用の会社員や公務員の場合はまったく問題ありません。契約社員や派遣社員の場合は審査に通るかどうか五分五分になります。アルバイトやパートの場合は審査に通りません。

一方消費者金融の場合は、職業による差はさほど大きくありません。継続的に安定した収入が得られていれば審査基準はクリアできます。ただし、勤続年数というのは審査の対象になります。勤続年数が半年未満だと継続的にという部分で、?となってしまいますので、審査上は不利になります。

派遣社員の場合は、派遣先に長年勤めるというのは厳しいと思いますので、派遣元で申告したほうが良いでしょう。。  

派遣社員がカードローン審査に通るためのポイント!

派遣社員がカードローンを利用する場合は、前述のように審査が厳しい銀行系を利用するよりも、消費者金融系を利用することをお薦めします。

消費者金融系のカードローンの審査基準はおおむね次の通りです。

1.継続的に安定した収入がある
2.ブラックリストに載っていない
3.借入限度額が年収の1/3以下である

これらの項目をクリアしていれば審査に通る可能性は高いです。

それでは、消費者金融のカードローンの審査に通るためには何に気を付ければいいのでしょうか?いくつかのポイントがありますのでご紹介しましょう。

1.在籍期間を半年以上にしておく
2.在籍確認の連絡先は派遣元を申告
3.過去の返済履歴をきれいにしておく
4.年収の1/3以上を借りないこと

これら4点です。審査基準と重複する部分もありますが、大事なポイントですので、詳細を説明します。  

1.在籍期間を半年以上にする

まず最初に注意すべきは、勤務先の在籍期間です。在籍期間が長ければ長いほど審査には有利になります。在籍期間というのは雇用の安定性を見る一つの指標になります。長い間同じ勤務先に勤めているとなると、将来的にも同じ勤務先に勤務することが用意に想定でき、雇用が安定していると見なされます。

ですから、できるだけ在籍期間が長いほうが良いのです。最低でも半年以上在籍してから審査に申し込むと良いでしょう。

在籍期間が1ヶ月や2ヶ月だと安定した雇用とはみなされませんので、半年が経過するまでは審査に申し込むのは控えてください。  

2.在籍確認の連絡先は派遣元を申告

次に在籍確認の連絡先ですが、これは派遣先を申告するよりも派遣元を申告する方が審査上有利になります。派遣先というのはいつ契約が打ち切られるかわかりませんし、比較的短い期間で契約終了となるケースが多いので、在籍期間はおのずと短くなります。しかし派遣元であれば、いくら派遣先が変わろうとも契約している期間は在籍期間になりますので、おのずと在籍期間が長くなります。

ですから、連絡先は派遣元にしておきましょう。

ただし、在籍確認時に自分で対応することができませんので、派遣元のマネージャーなど、あなたが在籍しているこを容易に証明できる人の連絡先を伝えておくことをお薦めします。

そうでないとあなたが派遣元に在籍していることを知らない人が電話口に出てしまい、まずい対応をされることもあります。派遣元のマネージャーに一言電話があるということを伝えておくのもいいでしょう。消費者金融の場合、個人名で電話をかけてきますので、消費者金融の在籍確認というのはわかりません。安心してください。  

3.過去の返済履歴をキレイにしておく

次に気を付けておきたいのが返済履歴です。これは職業は全く関係ありません。どんな人でも返済履歴に傷があると審査には通りません。

特に過去に返済事故を起こしていると100%審査に通りません。こういった場合はブラックリストから外れるまで審査に申し込むのはやめておきましょう。

また、他社からの借入総額が多い人も要注意です。このような情報は信用情報にすべて載っていますので、調べればすぐにわかってしまいます。審査に申し込む前に少しで多く返済して、借入総額を減らしておくようにしましょう。

一時的に苦しくなるかもしれませんが、審査に通らないよりはましです。  

4.年収の3分の1以上を借りないこと

最後に気を付けておきたいのが借入限度額です。消費者金融の場合貸金業法という法律に基づいて営業をしていますので、総量規制というものが適用されます。法律上年収の1/3を超えて借入れることができません。ですからおのずと限度額も年収の1/3以下になります。

審査の際にこれを超えて申し込んでしまうと審査に落ちる可能性があります。自分の年収をわきまえたうえで、その1/3以下になるように限度額を申告しましょう。

もしも審査に通ることを最優先に考えるのであれば、年収の1/3ギリギリに限度額を設定するよりも、余裕を持った限度額にしておくことをお薦めします。限度額というのは後から変更することができます。しかも増額審査に落ちたからと言ってカードが利用できなくなるということはありませんので、契約時の審査よりも精神的に楽です。  

5

  

派遣社員でも審査基準を満たせば必ずキャッシングできます!

消費者金融の場合、職業はあまり関係ないということをお伝えしましたが、まったくその通りです。ネット上の口コミなどを見ても、消費者金融であれば、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトでも審査に通っているという実績がたくさんあります。

要は審査基準をきちんとクリアしていればいいのです。ましてや派遣社員ですから、アルバイトやパートに比べたら、収入は安定していますし、雇用形態も安定しています。

信用情報に傷がなければ、つまりブラックリストに載っていなければ、きちんと審査に通ります。あとは限度額の申告を間違えないことだけに注意すればいいでしょう。

審査基準さえ満たせば、審査に落ちる理由はありません。ほぼ確実に審査に通ることができますので、安心して審査に申し込んでください。
  

安心してカードローンを利用できるのはプロミスです

では、どんな消費者金融を選べば良いのでしょうか?優良な消費者金融を選ぶ方法はいくつかあります。まず、メガバンクの系列の消費者金融が良いでしょう。そして大手を選ぶことをお薦めします。これらの条件を満たしていれば、間違いなく優良な金融業者であることはもちろんですが、比較的金利が安いことも魅力的です。

そんな消費者金融がいくつかある中でもお薦めできるのがプロミスです。プロミスは三井住友銀行系列の消費者金融で、金利も比較的低いです。さらに初めて利用する人には30日間無利息というサービスまで行っています。短期間で返済するのであれば、金利が下がったことと実質同じです。返済が楽になりますので、非常にお薦めです。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ