カードローン在籍確認

カードローン審査で在籍確認なしにする方法!

カードローンの審査で在籍確認なしにさせる方法を公開します!

カードローン審査で在籍確認なしにする方法! » 在籍確認の疑問 » これで大丈夫!カードローンの在籍確認における5つの流れ!

これで大丈夫!カードローンの在籍確認における5つの流れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

カードローンの在籍確認は次の流れで進みます

 

カードローンを申し込む時の手順は次の通りです。

 

審査を申し込む
本人確認の電話
本審査
会社への在籍確認
本審査完了、融資開始

 

つまり、在籍確認が行われるタイミングは、収入や信用情報の確認後の最終段階です。

 

そのため、在籍確認されるということは、審査のほかの項目は既に済んでいる状態と言えます。在籍確認で失敗して審査に落ちることがないように気を付けましょう。

 

とはいえ、審査に落ちないためにはどのような点に気を付ければいいのでしょうか?

時系列でのポイントを中心に、解説していきます。

在籍確認は基本的に勤務先へ電話を掛けて確認します

 

銀行系であれ、消費者金融であれ、勤務先への在籍確認は必ず行われます。

 

ローン会社から見た場合、無担保で保証人なしにお金を貸すことになるため、借主が安定した雇用形態か、返済能力があるかどうかの確認が必要です。

 

通常の場合、在籍確認は、借主の勤務先への電話で行われます。確認行為自体はほぼ1分程度で終わります。

 

本人が電話口に出れば、基本的にはそれで確認は終わります。本人以外が出た場合、本人が自席にいれば取り次いでもらうだけです。本人が自席から離れている場合は、何らかの方法で在籍していることが確認できれば完了します。

 

その点は、金融業者の方が慣れていますので、勤務先を偽っていない限りは心配することはありません。

 

在籍確認というと仰々しく感じますが、実はとても簡単なものなのです。

 

では、実際の流れはどのようになっているのでしょうか?

 

審査申し込みから、在籍確認、審査終了までの流れを、以下で詳しく説明しましょう。

カードローン審査で在籍確認が完了するまでの流れ

 

インターネットでのカードローンの申し込みから、在籍確認、審査完了までの流れをおさらいしましょう。

 

審査を申し込む
本人確認の電話
本審査
会社への在籍確認
本審査完了、融資開始

 

上記の流れは、どこの金融機関でも同じです。

 

異なるのは、審査に要する時間だけです。消費者金融や一部の即日キャッシングが可能な銀行系では、審査は概ね30分~1時間以内で完了します。

1.まずは審査を申し込む

カードローンでお金を借りたいのであれば、まず最初に審査の申し込みをしましょう。

 

その際には、収入ができるものと本人確認ができるものを提示する必要がありますので、必ず事前に用意しましょう。

 

収入が確認できるものとしては、源泉徴収票や納税証明書などになります。
本人確認ができるものは、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどです。

 

また、借入限度額によっては、収入証明が不要になることがありますので、借入れたい先のホームページなどで、収入証明がいらなくなる上限金額を確認しておきましょう。

2.本人確認の電話が掛かる

審査を申し込むと、最初に本人確認の電話が掛かってきます。カードローンを申し込んだ人が本人であること、つまり、他人がなりすましていないことを確認されます。

 

そのため、審査を申し込んだら、届け出た番号の電話にいつでも出られるように準備しておきましょう。携帯電話の番号を登録しておくと、出先でも電話に出られるのでおすすめです。

 

窓口に訪れて対面で申し込む場合は、その場で本人確認が行われます。顔写真付きの身分証明書と比較して、場合によってはほかの書類と合わせて、なりすましでないことを確認されます。

 

3.本審査が行われる

本人確認が終わると、次は審査に入ります。収入面と信用面の審査が行われます。

 

ここで審査される項目は3つです。

 

  1. 返済に困らない程度の収入が継続的に安定して得られているか
  2. 過去に返済事故を起こしていないか
  3. 他社で多額の借入をしていないか

 

重要な審査はこの段階ですべて完了します。

4.会社への在籍確認が行われる

書類確認等での審査が完了すると、次は在籍確認が行われます。

 

既にお伝えした通り、在籍確認は通常、借主の勤務先への電話で行われます。この電話は、消費者金融の場合は個人名で、銀行の場合は銀行名で掛かってきます。

 

そのため、借金していることが会社に知られることはまずありません。

 

手続き自体はものの一分ほどで完了しますが、審査においては非常に重要な事項です。勤務先を偽るようなことがあっては、せっかく他の項目では審査にパスしているのに、在籍確認でNGになってしまいますので、誠実な対応を心がけてください。

5.本審査完了、融資開始

在籍確認が終了すれば、審査は完了です。後はカードの受け取り待ち、あるいは口座への振り込み待ちになります。

 

カード発行の場合は、近所の自動契約機に行きカードを受取ってください。カードが発行されるとATMに行ってお金を引き出すことができます。

 

インターネットですべてを完結しようという方は、指定口座に振り込まれるのを待つのみです。

もし在籍確認の電話が嫌な場合は書類を提出する!

 

在籍確認は避けては通れないものだと説明しましたが、勤務先への電話は避けることもできます。銀行系では必ず必要となる電話での在籍確認も、消費者金融であれば電話確認が不要になる場合があります。

 

どうしても勤務先に掛けられるのが嫌な場合は、審査申し込み時に、その旨を伝えてください。

 

審査時間は1時間以内ですから、あとから申し出た場合は手遅れになる場合もあります。そうならないためにも、必ず一番最初に告げてください。

 

そして、その場合には書類による在籍確認行為が行われます。

 

このときに用意しておく書類は、直近の給与明細、社会保険証、会社の身分証明書等です。本人確認のための書類と合わせて、借主本人が申し出た勤務先に在籍していることが確認できれば、在籍確認は完了します。

プロミスなら社会保険証などの書類提出で電話なしに!

 

勤務先への電話によらない在籍確認の方法があることをお伝えしましたが、実は銀行系ではこの方法は使えません。この方法が使えるのは消費者金融なのです。

 

そんな消費者金融の中でも、お薦めできるのがプロミスです。
勤務先への電話が嫌な場合は、プロミスに相談してください。プロミスでは、お客様の要望にできるだけ沿うように、こまやかな心遣いをしてくれます。

 

 

さらにプロミスで申し込むと、お得なこともあります。

 

初めて借入れられるお客様には、30日間無利息サービスがついてきます。少しでもお得になるこのシステムがあるのもプロミスの特長の一つです。

 

勤務先に電話されるのが嫌な方でも、上記の方法で対処することができます。その他、お困りのことや気になる点があれば、一度ホームページで確認し、そのあとに直接相談されることをお勧めします。

 

>>プロミスの詳細はこちら!<<

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ